北海道の定番から全国区へ|コストを抑えられると評判になっているスマ婚に注目

コストを抑えられると評判になっているスマ婚に注目

北海道の定番から全国区へ

ウーマン

費用負担の軽さで人気

北海道においては、会費制結婚式と呼ばれる結婚式の行い方が定番になっていることはご存知でしょうか。北海道以外で行われている結婚式の場合、参列するゲストからはお祝い金としてご祝儀を受け取るのが一般的ですが、北海道で行われている会費制結婚式では、そのご祝儀を受け取る代わりに、ゲストから一律の会費を徴収して行われています。この北海道の定番のスタイルが、近年全国的に広がっており、また人気を集めているのです。会費制結婚式が普及した理由としては、式を行う方と招待される方、双方において金銭的な負担が軽いためという理由を挙げることができるでしょう。たとえば一般的な結婚式に友人や勤め先の同僚として参列する場合、ご祝儀は相場やマナーを考慮し、おおよそ三万円の出費になるケースが多くなっています。一方の会費制結婚式では、一万円から一万五千円ほどの会費で行われるのが相場になっています。つまり、招待される方の負担も大幅に軽くなり、より気軽に参列しやすくなるのです。

予算の都合を付けやすい

相場はあくまで相場であるため、必ずしも全員が三万円をご祝儀として包んでくれるわけではありません。しかし、一般的な結婚式の場合には、おもてなしとして食事やドリンク、引き出物を用意する必要が生じるため、その三万円を受け取ることをベースにして挙式披露宴の予算を組み立てるのが一般的になっています。つまり、ご祝儀で黒字を出すなどといったことは事実上難しく、数百万円の予算を準備した上で、数十万円単位の出費を覚悟しなければいけないのです。一方の会費制結婚式では、招待した方から一律で会費を集めることができ、また食事や引き出物の負担も軽くなるため、予算の折り合いを付けやすくなります。披露宴における定番の演出などを省くかわりに、食事を楽しみながら近親者や本当に親しい友人などとお祝いをするのにピッタリなのが、会費制結婚式なのです。