披露宴で流す映像|コストを抑えられると評判になっているスマ婚に注目

コストを抑えられると評判になっているスマ婚に注目

披露宴で流す映像

カップル

どんなものがあるか

結婚式に参加すると、必ずといっていいほど目にするのが披露宴の最中に流れるムービーです。新郎新婦のことを知らないゲストの方にとっては、ふたりのことを知るきっかけになったりするものです。映像があればゲストの方にわかりやすく情報を伝えることができますし、結婚式感を出してくれるのにとても役立ちます。ではムービーにはどんな種類があるのでしょうか。一般的にはふたつあり、ひとつは新郎新婦それぞれの生い立ちを説明してくれたり二人のなれそめを教えてくれたりする、オープニングムービーです。もうひとつは、披露宴の最後に流れる、挙式の様子を流してくれるエンディングムービーがあります。このふたつがあれば、披露宴がより華やかになること間違いなしです。

制作で注意すること

ではそのムービーはどのように用意するのでしょうか。基本的に結婚式場ではムービーの案内をしてくれます。ムービーは流す式にするのか、そのムービーは自分で用意するのか、式場が手配した映像会社にお願いするのかをまずは決めましょう。ムービーがない場合は口頭での自己紹介などに変えることができます。流す場合には、映像会社にお願いするのが一番確実で楽な方法です。その分お金はかかってしまいますが、何かと準備で忙しい時期にはありがたいサービスです。会社の方との打ち合わせでは、使って欲しい写真やコメント、音楽を細かく伝えるようにしましょう。要望をきちんと伝えればプロの手で素敵なムービーになります。自分で制作する場合には、締め切りに余裕をもって完成できるようにしましょう。知人に作ってもらう場合には、お礼の品を忘れずに準備しましょうね。結婚式ではこのような映像をうまく活用して、心に残る素敵な披露宴にしましょう。